「この夏、川湯温泉がライダーの聖地になるんです!」「EZOライダー」って何!?

「なんやそれ? ちゃんと説明しぃや!」

「これにはある大阪の運送会社専務の、涙なしでは語れない物語があるんです。それでは、はじまりハジマリ〜〜」


「あ”〜憧れの北海道〜自分のバイクで思いっきり走りて〜〜」


それは夢ではなく現実のものになるんです!
〜〜ここからは「地上の星」を口ずさみながら読むことを強くお薦めします〜〜

高栄運輸梶@専務取締役 森山氏
今をさかのぼる事10年前・・・大阪・東淀川区のとあるお好み焼屋に仕事帰りの酒を酌み交わす二人の男の姿があった。

「なあ、森山、オレ北海道に配達に行った時、ホント気持ちいいところやなぁって思ってん!これって、バイクで走ったらもっと気持ちええんちゃうかな? そや!北海道にツーリングに行く人のバイク運ぼうや!」

「ええなあ、川端!すぐ始めようや!ほな、まずオレがバイクで走ってみるわ!」

「え?それって職権乱用ちゃうん?」「ちゃうわ!取材じゃ!!」


男の名前は森山と川端、大阪・高栄運輸鰍フ専務と常務だった。

「北海道ツーリングパック」が世に生み出された瞬間だった。


それから数カ月後・・・

「・・・なあ川端・・・こんなええサービスやのに、なんでお客はわからへんのやろ?」

初年度、北海道への輸送実績は・・・8台だった。

「でも実際に使こうてくれたお客はえらい喜んでくれてはる!なあ川端、この事業、絶対やめたらいかんぜよ!」

「森山、もっとこないしたらお客さまの利便性がよくなるんとちゃう?」

「そやな川端、そら〜ええアイディアやな!よし!明日からそ〜しよ!」

こうして日々、森山と川端は「北海道ツーリングパック」の改良を積み重ねていった。

高栄運輸梶@常務取締役 川端氏

その後、お客さまの数は年を追うごとに増えていった。

2009年にはバイク輸送台数400台に迫る勢いになった。

「たんなる陸送やなくて、運送業はもとよりサービス業の枠を超えたものを提供するんや!!!」

森山の熱意と川端の沈着冷静な商品開発がのちに「北海道ツーリングパック」を「EZOライダーツーリングパック」として大幅にリニューアルさせる事になる。

「北海道ツーリングパック」を販売し始めてから数年、ある情報が森山の耳に飛び込んできた。

「川湯温泉はすごく良質の温泉が湧いている」・・・・

・・・2008年ついに森山は念願の川湯温泉の地を踏む事となった。それはある友人を介した川湯温泉在住のライダーとの出逢いでもあった。

実際に川湯温泉を訪れた森山、「ここは東北海道の、まさに拠点やないか!」

「そうや!川湯温泉をライダーの聖地にしてはるんや!」


その日から森山は幾度となく弟子屈町を訪れ、何百人の人と会い、その熱い胸のうちを語って歩いた。

来る日も来る日も森山は弟子屈町内の事業者を訪ね歩いた。
川湯温泉の旅館の経営者に会っては「今回、実は川湯温泉にライダーのための・・・」

温泉街の飲食店で遅い夕食を食べながら「川湯温泉をEZOライダーの聖地に・・・」

弟子屈町役場を訪ねては「今回ご提案している『EZOライダーの聖地計画』についてはですね・・・」

慣れない標準語で一日中話し続けた。温泉につかり、泥のように眠った。
初めは「なんだあいつは!?」と言っていたスナックのマスターも「もしかしたら、こいつは本物かもしれない・・・」

人々の心が動かされた瞬間だった。・・・数ヵ月後・・・

  〜〜ここから番組は「ビフォーアフター」に変わります〜〜

「なんということでしょう!」

マスターの号令で川湯温泉や弟子屈町内の色々な事業者たちが「森山専務の話を聞きたい」と集まり始めたではありませんか!

そこから急ピッチで
「弟子屈町川湯温泉におけるEZOライダーの聖地計画」
は進められ、平成22年5月にはなんと「EZOライダー川湯営業所」がオープンする事に!

森山専務と川端常務は今日も川湯温泉と大阪を往復し、開設準備に忙しい毎日を送っているようです〜〜〜〜めでたしメデタシ〜

◆事実に基づいたイメージ写真



「EZOライダー川湯営業所」


営業開始:平成22年5月1日

営業時間:午前9時〜午後5時(時間外、緊急対応可能)

所在地:北海道川上郡弟子屈町川湯温泉1丁目5番40号
    ◆「EZOライダーツーリングパック」ご利用のイメージ

 1・高栄運輸芥Pの申込みフォームに希望内容を記入し送信する

 2・高栄運輸鰍謔闢程調整等の返信メールがくる

 3・全国どこへでも高栄運輸鰍フトラックが自宅までバイクをお預かりにあがります(沖縄県・北海道内は提携運送会社での対応となります)

 4・お客様は任意の方法で川湯温泉までお越しになる

 5・「EZOライダー川湯営業所」でバイクを受け取る

※千歳空港や道内各空港近くの高栄運輸葛ヲ力店でバイクを受け取ることも可能です。

※お帰りは「EZOライダー川湯営業所」でバイクをお預け、ご自宅までのお届けとなります。

※その他、お客様のご希望に可能な限り対応致します。詳細は高栄運輸鰍ワでお問合せ下さい。

    提供品目の概要

◆レンタルオートバイ(川湯温泉近隣の景観に触れて頂く)
◆レンタルパソコン(デジタルカメラのデータをCD-ROM化)
◆観光案内
◆オートバイ陸送(オートバイ宅配サービスの申込みと引き渡し)
◆オートバイ整備、修理(バッテリー充電、オイル交換等)
◆オートバイ用品販売(ヘルメット、グローブ、荷物ネット等)
◆EZOライダー関連グッズ(ステッカー、キーホルダー等)
◆飲料の販売(コーヒー、紅茶、ジュース、お茶など)
◆クロネコヤマト宅急便取次ぎサービス


さらに詳しい情報は
     ↓
   「高栄運輸芥P」     「EZOライダーHP


※上記記載内容は平成22年1月時点での予定です。
写真と文:半纏王子1号「無断転載はしないでくださいね〜」(※は高栄運輸樺供)  物語監修:高栄運輸