摩周の豚丼といえば・・・「お食事処 ぽっぽ亭」さん


川湯温泉から約20km、JR摩周駅の目の前にある「お食事処 ぽっぽ亭」さん、事前に連絡すれば摩周駅のホームに「摩周の豚丼弁当」を届けてくれる!感激のサービスが大人気のお店、お伺いした日もとっても忙しそうでしたよ〜

「ぽっぽ亭」さんと言えば「摩周の豚丼」ですよね〜厳選した道産豚ロース肉を網焼き、香ばしい香りはかぐだけで・・・あ〜よだれが〜見ているあなたもお気をつけくださいね〜
「あ、古瀬さん、今日は突然すみません!」

「いやあ、半纏王子、珍しいねぇ〜」

「ええ、ボク、古瀬さんには色々な集まりでお会いしてるのに、お店にお邪魔するのって初めてなんですよね〜」

「そうでしょ〜どうしてまた?」

「ええ、ウチのHPでは弟子屈町内の色々な取組やお店、活躍している人を紹介するコーナーを始めたんですけど、ボクがそれを担当する事になったんですよ〜。こないだ『どうしても古瀬さんのお店、紹介してほしい』って声がウチの社長に寄せられたんですよね〜」

「へぇ〜そうなんだ〜そりゃありがたいお話だね〜じゃ、まぁゆっくり食べってよ」

「はい!ありがとうございます」
「あ〜やっぱ、大人気の『摩周の豚丼』だけあってとっても美味しいですよね〜」

「これは北海道産の豚ロースとウチの特製タレを使ってるから、ちょっと他では出せない味なんだよ〜」

「古瀬さん? あと、これお米は道産米ですよね?」

「そうだよ、ウチでは『ななつぼし』を使ってるんだ、このお米、人気が高くて入手するのがとっても大変なんだ〜」

「あと、これご飯のなかになにか入ってますよね〜?」

「それは十穀米だよ。いいかい王子?押麦・もちきび・発芽玄米・はと麦・もちあわ・白胡麻・黒米・赤米・うるちひえ・アマランサスって、ちゃんと書いたかい?」

「古瀬さん! そんな早口で!書けるわけないじゃないですか〜」

「ハハ!ごめんごめん、あとでちゃんとHP見て書いといてくれよ(笑)」

「古瀬さん? こっちの『摩周の恵みラーメン』 見た目もあっさり、味もあっさり、からだにとっても良さそうですね〜」

「そうなんだ〜これは弟子屈産の小麦『ホクシン』を使った特製の麺なんだよ〜」
「スープはあっさり塩味ですけど、だしの味わいがしっかりしていて、とても美味しいですよね〜」

「あきのこない塩味を徹底的に追及したのさ、『飲み干せるスープ』ってのが自慢なんだよ。それにスープには『渡辺体験牧場』さんの『牛のおっぱいミルク』を使ってるんだよ〜」

「え〜牛乳が入ってるんですか〜」

「王子の勤めてるカンコーさんだって『噴火鍋』なんかが人気だろ?」

「そ〜言や〜そ〜ですね〜」

「で、ウチでは玉ねぎ・とうもろこし、そしてかぼちゃ団子まで弟子屈産、チャーシューはもちろん摩周ポークなんだよ〜」

「うわぁ〜徹底的に地産地消なんですね〜ウチももっともっと頑張らなくちゃね〜」
◆「摩周の豚丼」は1,050円・・・大盛りは1,200円・・・特盛りは1,500円

◆「摩周の恵みラーメン」890円

※両方たべたいあなたのために「摩周の恵みラーメン・摩周の豚丼(小丼)セット」1,600円もあります。

住所:弟子屈町朝日1丁目7番18号  電話:015-482-2412

営業時間:10:00〜20:00

定休日:月曜日ですが変更の時もあり

「お食事処 ぽっぽ亭」さんHPはこちら
お伺いした日:平成22年3月24日(水) 写真と文:半纏王子1号「無断転載は梨田監督〜」